It's About the Bike!
サイクリング、レース、自転車通勤、海外、ヒルクライム、とりあえず何でもやってみて、今はマイペースで走ってます。
プロフィール

ショーゴ

Author:ショーゴ
気ままに走ってます。
初号機:FELT F90→友人に譲渡
弐号機:BMC SL-01
参号機:KHS F20-R

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
6.4 JCRC2006 第4戦
JCRC第4戦(兼ツール・ド・ジャパン第1戦ひたちなかステージ)に行ってきた。第4戦だけど、1回は中止だったので実質的には第3戦。
200606041022000.jpg

この写真はてきとーに撮っただけなので、誰かは全然知りません。
 
「スーパーひたち」に乗ってひたちなかへ。一番早い方法で行っても会場到着はレース開始30分前。ほとんどアップもできないまま召集がかかる。98名エントリーということで結構な人数で、しつこくアップしていた僕はほとんど最後尾近くに。落車の危険を考えると前方に位置取りたかったけど仕方ないか。ここで前回のレースでも一緒だったつんさんと再会。「前の方のメイドの服を着た人が凄いスプリンターらしいよ」と教えていただいたのだけど、それらしい人はおらず。「メイド」ってやっぱり聞き間違いでしたか?(笑)

合図と共に一斉にスタート!人ごみのなかで慎重に走り出す。今日は一周5キロのトラック形のサーキットを6周する。単純なコースでアップダウンもほとんどないので、その点ではあまり考えることはない。ポイントは他の選手の動きのみ。
course_hitachinaka.jpg

1周目は時速40~45km/hで走り始める。速度で書くと早そうだけど、集団の中にいるとそれほどキツくない、というかサイクリング程度の負荷。アップが不十分だった僕にはありがたい。僕の場所は集団後方のインコース端。真ん中にいると前後左右に他の選手がいて窮屈なので、こっちに移動した。

そのまま走っていると、急に前方でスピードダウン。「おぇ!」「おぇー!」と皆で危険を知らせあう。(字で書くと変だけど…感じは分かりますよね?)後方からだと何があったか分からないけど、前の方で誰かが変なブレーキングをしたらそれが増幅されてくるようだ。やっぱり危険な予感一杯。

そんな中、1周目後半で集団中央やや後方付近で落車発生!集団は安定して走ってるのに一体何で?と思った瞬間、次々と後ろの選手が巻き込まれる。僕のすぐ右前方の選手もよけ切れずに転倒するのを、インコースの路肩に逃げて回避。その間、50cmほど。アブねー。たぶん、7、8台が巻き込まれたか?

2周目に入るとスピードはやや落ちて30km/h台後半くらいに。結局、逃げる選手もいないから、ぼちぼち行こう、という雰囲気。僕も「ブログ用に展開を覚えておかないと」とか「ちょっとテレビで見るレースっぽいなあ」なんて考えながら走る。それでもたまになぜかタイヤをロックさせる選手がいたりしてヒヤリとしたり。勘弁してくれ。

3、4周目と走っていくと再度落車があって、また数人が離脱した模様。集団落車って初めて間近で体験したけど、「バキッ!!ドサッ!!」と凄い音がする。ひえー。危なっかしい展開に「頼むからコケないで~!会社クビになっちゃうよ~」と叫ぶ選手あり。笑うところだけど、明日はわが身なので心からは笑えない(^_^;)なんといってもサラリーマンですから。

大集団のまま5周目に。たまに逃げる選手がいるけれど、自然とすぐに吸収される。海沿いなのでやや風が強かったりして、とても単独で逃げられるようなシチュエーションじゃない。残り距離も少なくなってきて、選手の雰囲気も少しピリッとしてくる。スピードも再び40km/h台に上がってきた。少し前方に出るように動いてみたけど、今度はアウトコースから一気にスピードを上げた選手の流れが先頭に出たので、その流れに飲み込まれて結局後ろに戻ってしまう。

最終ラップの鐘の音を聞いて6周目に突入。僕の位置は相変わらず集団やや後ろのインコース寄り。最初の直線を抜けてコーナーを曲がり、しばらくしたところで再び落車が起きた様子。まだ集団は5,60人以上いる。この人数でゴールスプリントって…。2分前にスタートした一つ上のカテゴリーが見えてきた。人数が多いせいか、僕らのカテゴリーの方が速いラップで進んでいたようだ。

さて、残り半周。このままのポジションでは後ろで埋もれてしまうので、最後のコーナーでスピードを上げてインコースのスペースから一気に先頭付近に出る。そのまま位置をキープしたまま脚を休ませてゴールスプリントに出るつもりだったのだけど、この僕の動きが変に集団に火をつけてしまったらしく、そのまま2,3人がアタック!僕も一か八か早めに逃げてやろうとその流れに乗って、一時は3番手のポジションに。ところが先頭の選手が一気に失速。え、もう!?全然引っ張ってもらえず。その選手を抜いて2番手に上がったところで、また前の選手が失速…。僕も抜け出して独走する脚は残っておらず、残り数百メートルで一瞬にして後方からの大集団に吸収されて抜かれていく…。

もう入賞の可能性はないので集団の中で安全にゴール。50位を20位にするために頑張って落車するリスクなんて負いたくないしね。最終順位は不明。
200606041052000.jpg

つんさんは最終周の落車に巻き込まれたということでしたが、幸いなことに軽症で済んで良かったです。これで来週も行けますね。

今回は大集団でのレース、集団スプリント(入れなかったけど)を経験できたという意味では収穫があったと思う。レースは脚力だけでなく、戦略によって順位が全然変わってくることを実感できたし。反省点としては、最後に先頭付近に出たところで集団に留まらなかったこと。本当に勝ちたいと思っていたらちゃんと我慢したんだろうけど、今回は調整不足ということもあって安易に賭けに出ちゃったと思う。今度からはもう少し真剣なレース運びとスプリントできる脚力と技術をつけていきたい。

レースも終わったので帰るとするか。会場からは飽きるまで東京方面に向かって走ろうと。あわよくば自宅まで。150kmくらいかな。ひたちなかの市街を行くと、ナイスな自転車専用レーンが。左が一段上がった歩道で、その横に車道と同じ高さのレーンがある。車道との間には分離ブロックがあるので安心感もあって、とても良い。都心もこんな風にできたら、自転車人口は一気に増えるだろう。土地の問題もあって難しいのだろうけど…。
200606041120000.jpg

そのまま国道6号を南下する。路肩が広いのでストレスなく走れる。天気も良くなってきて、田んぼを眺めながら30km/h巡航。ここまで30-40kmしか走ってないとはいえ、やはりレースで全力を出したからか脚は重い。

昼食をとってやっと土浦(ひたちなかから50kmくらい)手前に来たところで、パ---ン!。タイヤごと切れてます。何か刃物状のものを踏んでしまったか。そして実は知ってたのだけど、今日は予備チューブを持ってきてなかったので諦めて輪行。バスで土浦駅、そこから電車で帰る。
200606041421000.jpg

土浦でビールをプシュっと。ひょー、染みるー。
TOP
この記事に対するコメント

オーバル形状でも何度も落車が起きるサバイバルレース、おつかれさまです。
最後に積極的に動いたのが良かったと思います。
【2006/06/04 21:13】 URL | 青ビラート #- [ 編集]

完走OK
とりあえず完走でよかったね。
まだまだこれからだから、いろんな事試さないとレベル上がんないと思うよ。積極的に動くっていう青ビラート君の意見に同感。
【2006/06/04 22:15】 URL | ソッシー #- [ 編集]

何かすごく難しそう
しかしレース参加は行くだけでも大変そう。その上レースそのものが90名の団子状態だと、もうどうしていいか、ですね。

そんな中、1つ自己主張したのでよしとすべきか。
【2006/06/05 02:23】 URL | kazu #QjSZ2aSY [ 編集]

お疲れさまでした!
いえいえ「メイド」です、メイドジヤージです、さすがにメイド服を着ていたらそれはそれでウケるけど(笑)「アシストですね!ご主人様!」ブログ用のつもりでも、展開を観察し、そして、最後の位置取り。ショーゴさんは俺よりはるかに「勝てる」人だと感じます、読んでて自分の場当り的な行き当たりばったりな走りが恥ずかしいです、だからゴール間違えんだな。ちなみに前のDクラスに迫ったのは、そこで走ってた二人の仲間の談によると、化かし合い、三味線弾きまくりで、かなりスローペースだったそうです、仲間の一人はゴール直前、落車に巻き込まれました、転んだ自分の前で愛車が2回転したそうです、怖っ! 今度はMt.富士で会えますね!
【2006/06/05 22:25】 URL | つん #- [ 編集]

なんだか
凄い世界だねぇ。でも駆け引きなんかほんとにロードレースって感じがヒシヒシ伝わるし、サラリーマンレーサーの悲哀が何とも実感があって身に詰まされます。次回も期待してます。
【2006/06/05 23:59】 URL | Tak #- [ 編集]

まさにサバイバル
>青ビラートくん、ソッシーさん、kazuさん
ありがとうございます。集団の中で何もしないまま終わってしまったら得るものも少ないので、動いてみました。結果的にはうまくいかなかったけど、経験としては良かったと思います。しかしゴールまで1kmは遠かった!

>masaさん
集団落車の音を聞いたら「絶対、コケたくない」って思いますよ。それでも、、なんか面白いんですよねー、レース。次回も頑張ります。
【2006/06/06 09:43】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

なるほど
>つんさん
リザルトのチーム名を見て、メイドの意味がやっと分かりました。そんなフリル付きのスカートで走ってる訳ないですよね(笑)
そんな褒めていただくほどの走りは全くできていませんが、まだレース経験が少ないので見るもの感じるものが全て新鮮です。来週はMt.富士、ヒルクライムだから安全ですし、頑張りましょう!

>Takさん
TVで見るレースとはレベルは全然違うけど、やってることは基本的に同じなのが面白いところです。ちょっと危険だけど、それが魅力的でもあります。
【2006/06/06 09:49】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

レース
おっかねぇっす。多分、一生縁がないと思います。
【2006/06/06 21:54】 URL | TET #QDZqghsM [ 編集]


>TETさん
ぶっちゃけ、本当におっかなかったです。「サラリーマンがこんなことしてていいのか?」って思いましたもん。でも、TETさんならいつかネタで走ってくれると信じてます。
【2006/06/08 02:16】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

おー
お疲れ様です。

XCと違ってロードレースで集団落車したら大変なことになりますからねぇ。
【2006/06/08 19:48】 URL | UC #1JS2.352 [ 編集]


>UCくん
おっす。俺もMTBで泥んこコケまくりってやってみたいんだよねー。すげ楽しそう。
【2006/06/09 01:24】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://polepolechari.blog27.fc2.com/tb.php/114-db8ab78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。