It's About the Bike!
サイクリング、レース、自転車通勤、海外、ヒルクライム、とりあえず何でもやってみて、今はマイペースで走ってます。
プロフィール

ショーゴ

Author:ショーゴ
気ままに走ってます。
初号機:FELT F90→友人に譲渡
弐号機:BMC SL-01
参号機:KHS F20-R

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
秩父の中心でほいさんに学ぶ ~秩父ラン追記
11.20の秩父ラン見送りでは、昭島から秩父まで多摩川組の先輩ほいさんとご一緒させてもらいました。ペースはゆっくりだったのですが、ほいさんの背中からいろいろ勉強させてもらいました。
僕は忘れっぽいのでメモの意味も込めてのエントリーです。

①ほいさんは交差点を曲がった後の立ち上がりが早い

市街地の交差点を曲がるときはスピードが落ちますが、曲がった後にいつも前を走るほいさんとの間隔が広くなります。つまり、だらっと加速していく僕に対して、ほいさんは素早く元の巡航速度に戻しているんだと思います。別に一生懸命走ってる訳じゃないからダンシングする訳じゃないし見た目にも普通なんだけど、きっと癖みたいにすすっと加速しているんじゃないかと。自転車って惰性で進めるから、早く速度を上げてしまった方が楽に早く走れるはず。僕ももうちょっとメリハリをつけて走ろうと思いました。

②ほいさんはアップダウンの頂上から下り始めもちゃんとペダリングする

アップダウンが連続する場所で、僕なんかは上り終わったら「ふー」って感じで休んじゃいます。でもほいさんは上り終わっても踏み続け、下り始めもちゃんとペダルを回しています。なので、その後の下りをスムーズにスピードに乗って進むほいさんと、重力任せで加速悪く下る僕の差はまた開きます。追いつこうとすると変なタイミングでペダリングしないといけない。せっかくの下りを生かすには下り始めである程度勢いをつけた方が良いですもんね。これもマネさせてもらおうと思ったポイントです。

今回はこの2つを学ばせてもらいました。ほいさんの脚力はすぐには真似できませんが、こういうテクニックは意識次第でなんとかなる所もあるので真似していきたいな、と思いました。

と、書いていたら『BICYCLE CLUB』の最新号(2005.12)にちょうど同じようなことが特集されてた。
「上手い人から盗んだ技は一生の財産になる」「上手い人の後ろを走ってタイミングやリズムをトレースすると、あっという間に上達できるのだ」だって。うん、まさにその通り。先輩自転車海苔の皆さんは最高の教材です。

ほいさん、ありがとうございました(^_^)
TOP
この記事に対するコメント

こちらこそありがとうございました。

いやいやお恥ずかしい(^^;
あの走り方は癖でしょうな。でもレースでも同じような走り方は必要ですから理にかなっているのかも。如何にして楽に走るかが私の身上ですからね。
【2005/11/24 06:08】 URL | ほい #- [ 編集]


そうかー、
いつもほいさんの後ろ姿って小さくしか見えないから(つまり引き離されている)知らなかった。
いやー、貴重な体験しましたね!
【2005/11/25 19:27】 URL | ゆとも #- [ 編集]


>ほいさん
あれから僕も意識して走るようになりました。早く癖にしてしまいたいですね。

>ゆともさん
本当に。だから人の後ろは止められない…バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!
※TETさんとこから拝借しました。
【2005/11/27 21:54】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://polepolechari.blog27.fc2.com/tb.php/33-c12e1731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。