It's About the Bike!
サイクリング、レース、自転車通勤、海外、ヒルクライム、とりあえず何でもやってみて、今はマイペースで走ってます。
プロフィール

ショーゴ

Author:ショーゴ
気ままに走ってます。
初号機:FELT F90→友人に譲渡
弐号機:BMC SL-01
参号機:KHS F20-R

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
羊をめぐる冒険 第2ステージ Methven-Fairlie 124km
ニュージーランドの道路。一見、白線の中と外が同じように見えるのだけど、実はそうではなくて。
2006_0203NZ0091.jpg

内側は砂利がきちんと固定されているのだけど、外側はただ撒いただけの状態だったりすることがしばしば。最初、知らずに路肩に寄ったらタイヤをとられた。
2006_0203NZ0092.jpg

朝はやや寝坊して8時過ぎに起床。シリアルとヨーグルト、パンにハムエッグに果物というたっぷりの朝食を摂る。お腹いっぱいで動くのが辛い。

天気は文句なし、日差しが強くて暑い一日を予感させる。Methvenの町を離れ、今日のルートを走り始める。下り基調で気持ちよく走るのだけど、欲しい30~35km/hで使うギアがなくて残念。
2006_0203NZ0093.jpg

こっちでは走っていると、かなり多くの対向車のドライバーが「やってるねー」という感じで手を上げたり親指を立てて挨拶してくれる。こちらも同じく挨拶を返す。とても友好的な雰囲気で気持ちよく走れる。6日間で軽く100回以上、そんなやりとりを繰り返した。

ちょっと疲れてきた時にもブロンドの髪にサングラスの美人(に見える)が親指を立てて合図してくれたりすると、一時的にケイデンスも10くらい上がる(笑)
2006_0203NZ0097.jpg

この看板に引き寄せられるようにピットイン。今日はかなり暑い。湿気はないので気持ちよい暑さなんだけど、日差しがビシビシ肌にくる。
2006_0203NZ0103.jpg

水分補給していると「早いねえ。後が大変だよ~!」という声。先に店で食事していたサイクリストのカップル(+幼児1人)。2ヵ月半でニュージーランドを回っている彼らは反対方向から来たので、地図を見ながらお互い情報交換をする。旦那さんは自転車暦16年、海外に行くときは大抵自転車と一緒だそうである。
彼らは少し前にサイモンと会ったらしく、「でかいバッグを背負って赤いロードに乗った奴を見た?」と聞かれたと言っていた。そうか、僕の方が出発が遅かったのか。「昨日、一緒に飲んでたんだよ」「なるほどね」
2006_0203NZ0100.jpg

ベビーカー。よく大人しく入ってるなぁ。
2006_0203NZ0101.jpg

小さな子供のいる人もこんな形でサイクリングしてみては?交通量の多い日本じゃちょっと怖いけど、ニュージーランドなら楽しいと思う。
2006_0203NZ0102.jpg

ジェラルディン(Geraldine)という町に到着。カフェで休憩。
2006_0203NZ0114.jpg

昼ご飯代わりにナチョス。走ってる途中に食べるものとしてはふさわしくないのかもしれないけど、けっこう美味かった。
2006_0203NZ0113.jpg

さっきのパブでもこの店でもボトルに冷たい水を入れてもらう。快くOKしてくれるし、「氷も入れようか?」なんて言ってくれる。感謝感謝。
2006_0203NZ0118.jpg

ここからいくつかの小さな峠を越えていく。ちょっと木陰で休憩。
2006_0203NZ0119.jpg

2006_0203NZ0120.jpg

Mount Michelの200メートルの上りをこなすと、高台から広々とした風景が開けた。あの先に今日の目的地、フェアリー(Fairlie。発音怪しい。)がある。
2006_0203NZ0131.jpg

おにぎりゲット!国道79号線なんだけど、どうでしょうか?
2006_0203NZ0133.jpg

B&Bは町のはずれにあって、清潔な部屋とシャワールーム。ありがたいことに洗濯しておいてくれるというので、来ていた服を渡してレストランへ。
元は図書館だったという趣のある建物がレストランになってて、テラス席ではおば(あ)さん達のパーティーをやってた。
2006_0203NZ0135.jpg

このあたりの名物のサーモンと温野菜、白ワインで夕食。
サーモンは冷たかったんだけど、ソースも冷やしてあったからそういう料理だったみたい。温かいまま食べた方が美味しそうだったので、ちと残念。
2006_0203NZ0134.jpg

ワインをゆっくり飲んで気持ちよくなったら、日が暮れた。荷物なしで夜風を切ってB&Bに向かう僕には明日の苦難を知る由もなかった。。。(^_^;)
TOP
この記事に対するコメント

な~んだか日本では考えられない環境といいますか、田舎なんだとは思うけど。日本人ってやっぱりなにか失っていると思うよね。人情って言ってやるものじゃないし、自然と普通にそうでなくちゃ...素敵な旅になっているみたいだけど、最後の一言が...また楽しみだね。
【2006/02/17 19:52】 URL | ばっちゃん #- [ 編集]


>ばっちゃん
行く前からニュージーランドは人が温かいとは聞いていましたが、まさにその通りで人に恵まれっぱなしでした。もちろん例外もありますが。日本での自分もそうありたいですね。
そして観光客を含めて車から挨拶してくれる人の多さには本当に感激しました。サイクリストに対する見方が日本とは何か違うんだろうな、と。共感というか何というか。。。
【2006/02/18 01:29】 URL | ショーゴ #- [ 編集]


ベビーカーに乗っているあの子も、大きくなったら自然と冒険に出ていくようになるのでしょうね。
【2006/02/18 12:41】 URL | ふぉあぁ #mLrVhXOU [ 編集]

やっと!
あー、やっと携帯電話で見られる方法を見つけたょ。
ふぅ。
だってPC持ってないんやもん。
うーん。よい旅だ。よい旅だ。
日本も面積狭いしねぇ…
昔「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」
って標語があったけど
自転車や歩行者に
もっと優しい環境づくりをしていければいいのにね。
ということをある先輩に話したら
「それは無理。
世界のトヨタを誇る日本だから。
自動車神話は壊れない。
だからほら、まだまだ車のための
高速道路を造ってるでしょ」
と言下に返された。

(-。-;)
【2006/02/19 12:14】 URL | #- [ 編集]


>ふぉあぁさん
素敵ですよね。ああいう旅。あの子もとても楽しそうでした。いいなあ。。。。

>薫さん
お陰様で良い旅させて頂きました!
時間の流れ、ストレスのかかり方、いろんな面で日本やドイツとは違うなあ、というのがサイモンとビール飲みながら話してたことです。彼はそれで移住しちゃった人ですが。
でも、僕も日本に帰ってきて少しするとまたせかせか生活に逆戻りです。本当はおおらかに生きて行きたいのに(^_^;)
【2006/02/21 01:34】 URL | ショーゴ #- [ 編集]


2日目はすごく楽しそうでしたね。
いろんな人との出会いがあったり、景色も良いし、天気も良さそうだし、ワインも美味しそうだ。
続きが気になる・・・

【2006/02/23 23:20】 URL | ussy #R63KSl6. [ 編集]


NZの「おにぎり」ということで、別館の方に申請してみたら?

やっぱり景色が素晴らしいですねぇ。
こういう所を走ってみたいなぁ・・・。
あと、夕食にかなり心を惹かれました。
【2006/02/24 14:18】 URL | Gibson #- [ 編集]


>ussyさん
はい。天気が良かったのが何よりです。事前に聞いていた通りすごく強い日差しでした。あちらの料理は凝ってないけど素材が新鮮(牧畜もしてるし、海もある)で、僕も毎日走り回ってお腹がすいてたのでずっと美味しく食べてました。

>Gibsonさん
別館、申請してみます。
夕食、美味しかったですが、この鮭は塩焼きにしたらもっと良かったかもです。
【2006/02/28 16:57】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://polepolechari.blog27.fc2.com/tb.php/73-ef05ef0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。