It's About the Bike!
サイクリング、レース、自転車通勤、海外、ヒルクライム、とりあえず何でもやってみて、今はマイペースで走ってます。
プロフィール

ショーゴ

Author:ショーゴ
気ままに走ってます。
初号機:FELT F90→友人に譲渡
弐号機:BMC SL-01
参号機:KHS F20-R

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
4.23 JCRC2006第2戦
JCRC第2戦に出場してきた。前回のリベンジでもあり…
2006_0424jcrc20002.jpg

会場は群馬サイクルスポーツセンター。「ふーん、群馬か」くらいで深く考えていなかったけど、実はかなり遠い。上越新幹線で行ったけど、最寄り駅の上毛高原って越後湯沢の一つ前の駅。遠っ!
2006_0424jcrc20001.jpg

JCRCは修善寺、群馬、ひたちなか、下総とどこもえらく遠い。自転車レースという儲からないけど広い敷地を必要とすることをやっているから仕方ないのだろうけど、時間も費用もなかなかキツいなぁ。地図を見ると上毛高原駅から5km程度。自走も考えたけど、駅からCSC方向を見ると、山。結局タクシーで会場まで行ったけど、その途中の上りを見て正解だったことを確信。レース前に荷物背負って上るところじゃない。

今回は全カテゴリー合わせて約500人がエントリー。なかなか盛況なのでは。
2006_0424jcrc20003.jpg

会場に着くとちょうどほいさんが出るDクラスのスタート。1周目を終えて集団でホームストレートを通過していくのを見届けて、自分の準備にとりかかる。
2006_0424jcrc20006.jpg

そうそう。やっと弐号機(BMC)用のホイールが到着したので昨晩準備して装着。イーストンのVELOMAXサーキット。これで弐号機はひとまず完成版になった。うーん、かっこいい~(自分で言うなって?いいじゃないですか)
2006_0424jcrc20008.jpg

さて、ウォーミングアップを始めるかぁと思っていたら、なぜかほいさん登場???何かと思ったら2週目で落車に巻き込まれたそうである。ホイールが完全に曲がってしまって、タイヤが擦り切れている。40km/h以上出ている下りコーナーでの出来事だったそうである。
2006_0424jcrc20009.jpg

救護スペースで応急処置。右手首を痛めてしまったとのこと。
この状況でも「ブログネタとして写真は撮っておいて」とブロガー魂は忘れず。
2006_0424jcrc20010.jpg

大事に至ってなければよいのですが…。
2006_0424jcrc20023.jpg

そして僕の番。前回の反省を生かして、30分弱しっかりとウォーミングアップをした。エネルギー源として1時間前にパウンドケーキを2切れ、直前にエネルギーゼリー。
ところでこのヘルメットカバー、クラスを区別するために必要なのはわかるけど、何ともカッコ悪い。新たに投入した赤レンジャー風(古い)のアイウェアも台無し。
2006_0424jcrc20012.jpg

2回目だから当然前よりリラックスしてスタート。Fクラスは25人が出走、6kmのコースを4周。自分ではいい感じでスタートしたと思っていたけど、写真で見ると出遅れてる。
2006_0424jcrc20013.jpg

1周目はとにかく先頭集団について行くことを心掛けて走る。それほど速いペースじゃなかったので難なく先頭グループに入ることができた。初めてのコースなので学習しながらコーナー、アップダウンをこなす。群馬は小さなアップダウンがいくつもあり、一箇所まとまった上りがある。事前に青ビラート君がアドバイスをくれたように、この上りが勝負を決めそうな気がした。1周目の終わりで一人が単独で逃げたけど、2番手以下は無理して追わず。
jc.jpg

2周目。落車が怖いのもあって先頭集団前目、順位で2~5番目くらいで走る。逃げた選手はそれほど勢いがあるように見えなかったのであまり心配しないで集団で走る。ある時先頭を牽いていた一人がローテーションして欲しそうにしていたが僕を含めて皆乗らず。冷たいようだけど、逃げてる一人はそのうち吸収されるだろうし、この集団の後方に脚を溜めている選手が何人もいる気配があったのでここで体力を使いたくなかった。あと、この辺の「作法」ってのがそもそも良く分からないってのもあったし。
なんとなく集団で先頭を追う。コーナーをシュイーンと曲がりながら、「お、レースっぽい」なんて考えてた。前回はいきなり千切れて一人サイクリング状態だったからなぁ。そんなことを考えていると逃げていた一人が見えてきて、あっさり吸収。

3周目。ホームストレート直後の上りで自分の息が上がってきていることに気が付いた。集団の何人かもきつそうである。この時点で先頭集団はたぶん7,8人。今まで気にならなかったアップダウンが辛くなってくる。そして長い上りに入ったときに一人がペースアップ。追うように何人かもペースアップした。意地でもこれについていかなきゃ、、と思うも体はおしまいの合図。ここでとうとう先頭集団から千切れてしまった。それでも僕以上に大きく遅れた人もいて5位で一人旅に。

4週目。そのまま一周を単独で走る。途中、Eクラスの最後尾を何人か抜く。前の選手はもう見えないので追うのを諦め、順位維持のための一周。脚が攣りそうになりながらも、なんとかゴール。
2006_0424jcrc20014.jpg

結果は5位入賞。できれば3位以内に入りたかったけど、今回は全力を出せたので充実感あり。今の僕の力が正直に出た結果だと思う。次回からはEクラス。レベルはぐっと上がる。
2006_0424jcrc20021.jpg

今回のレースで課題が明確になってきた。ほいさんからもアドバイスされたけど、僕は他の人よりかなり高ケイデンスで走っているようである。確かに脚が売り切れるのを恐れて回転で坂をこなそうとする傾向があるのは自分でもそう思う。でもそれでは心配機能に負担がかかりすぎる。実際、今日のレースで先頭についていけなかった原因は脚ではなくて心肺系の限界だったはず。じゃあ、次から重めのギアで坂を上るように心掛ければ済むかといえばそうでもない。なぜならそうしたら一瞬で脚が終わるのは明らかだから。つまり筋力が足らないのである。しばらく重いギアを踏んで力をつけるようにしよう。

何はともあれ、(遅くても)レースって楽しい!と感じることができた一日だった。よしっ!
TOP
この記事に対するコメント
お疲れ
入賞おめでとう(^^)/これで青ビラート君と同じクラスに出られるようになったね。さすが!
そうだね、ケイデンスは上げすぎると心臓に負担を掛けるからギアの選択が重要だと思うよ。ちょっと重めのギアが使えるようになったら鬼に金棒だな。
次の「ひたちなか」もがんばってね!
【2006/04/24 05:35】 URL | ほい #- [ 編集]


やった~!
入賞おめでとうございます。
これで、ますますレースの虜に・・・。
若いって、良いなぁ・・・。

次も頑張ってね。
【2006/04/24 10:51】 URL | Gibson #- [ 編集]

素晴らしい結果
すぐに結果を出すあたりが凄いね~次回がまた楽しみだね。頑張ってチャレンジしてください。レポ楽しみにしていますよ!
【2006/04/24 16:58】 URL | ばっちゃん #- [ 編集]

すっげー
入賞おめでとうございます。

リラックスしていた様子ですが、走行中の駆け引きとか、心理状態とか、緊張感が伝わってきて、読んでるこっちが緊張してしまいました。

JCRC参戦記、次回が楽しみ。^^
【2006/04/24 17:37】 URL | sugaken #- [ 編集]

たのしみ
レース中の描写が、臨場感があって面白く読めました。
しかも、いっしょに走ったことのある人のだと、なおさら。
次回も楽しみですね。期待しています。
【2006/04/24 19:31】 URL | さいとう #TY.N/4k. [ 編集]

入賞
入賞、これが肝心なんですよ、お目出度う。まぁ予定通りだと思うけど、ますます力が入りますね。
もし筋力の件が本当だとすると、レベルは全く違うのだけど、おいらと同じ問題、でも筋力無いようには思わないけどな。
【2006/04/24 20:23】 URL | kazu #QjSZ2aSY [ 編集]

入賞おめでとう
レースをやるって決めたら、上さらに上を目指さないとね。どんなクラスでも入賞するってのは、次へのモチベーションを高めるからね。次のクラスでも頑張ってね。
【2006/04/24 23:09】 URL | ソッシー #- [ 編集]

皆さんありがとう!
>ほいさん
青ビラート君と一緒…。たぶん一緒なのはスタート地点だけですね(笑) もう一段階上のレベルに行けるように筋力アップを図ろうと思います。

>Gibsonさん
ありがとうございまーす!最後は遅れてしまいましたが、上り以外は房総オフのTET特急列車の方がずっとキツかったですよ。Gibsonさんも一度、どうっすか?

>ばっちゃん
ありがとうございます。体調を整えて出た今回も前みたいだったら凹んでたので、とりあえずほっとした気分でもあります。5月はばっちゃん企画オフでトレーニングです。よろしくお願いします!

>sugakenさん
僕にとってもレースはまだ物珍しい存在なので、新鮮で楽しいです。次からもレポートしますので、また読んでくださいね!

>さいとうさん
ありがとうございます。次はちょっと間が空いて6月にひたちなかです。5月にしっかりトレーニングして、ちょっとでもいい走りをしたいと思います。また一緒に走りましょう!

>kazuさん
筋力不足は前から薄々感じてたので、kazuさんが重めのギアにこだわって走られてるときがあるのを興味深く読んでました。僕もしばらく真似させてもらうと思います。

>ソッシーさん
今の力だとEクラスで入賞は少し遠いだろうと思ってます。夏くらいには狙えるように着実に力をつけていこうかと。頑張りまーす。

>masaさん
何をおっしゃる。masaさんやTETさんはレースに出る気は全然なさそうですが、出たら間違いなく僕より速いはず。ホントに。一度、シャレで出て欲しいなぁ。ネタ的にもまずまずじゃないですか?なんて言ってみる(笑)
【2006/04/25 03:08】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

初めまして
初めまして&お久しぶりです。津川と申します、仲間内では、つん、で通ってます、ftkentさんのブログでここを知りました。JCRC第ニ戦、同じFクラスで走った赤いクロモリの男と言えば思い出していただけるでしょうか?表彰の後、話し掛けていただき、清々しい人だなと感じていましたが、まさかkentさんのブログにたびたび登場する方だっとは!自分もBMCが欲しかったし(もちろん赤)アソスの赤が決まってるなーと思いながらショーゴさんを見てました(視線感じた?)あの後楽しかったですよー、前の二人に逃げられて、ジャンを聞いて約一周必死で追って、やっと二位の人には追い付けて、(彼は私との勝負に作戦を切り替えたらしく足をためるべくペースを落としていた模様、後で仲間に聞きました)そしてヘナチョコ・スプリントー!勝った!と思ったらその場所はコース同士が一番接近する所・なにを考えていたのか・・当然真後ろにはっ付かれて、それでもゴール前、ムリヤリ、スプリントしたけど、ご承知の結果となりました。ショーゴさんが感じていた、回転数、ギァ、心搏の問題は、まったく自分にも当てはまり、強く共感します。共に精進しましょう!自分も、ひたちなか、エントリーします、二位の人も出るそうです、お互いリベンジ合戦と行きましょう!
【2006/04/25 07:38】 URL | つん #- [ 編集]


>つんさん
こんにちは~。僕もftkentさんのブログを見て驚いてました。表彰台おめでとうございます!
それにしても僕が千切れてからの展開がすごく楽しそうで羨ましい限りです。スプリントの場所を間違えたのは笑っちゃいましたが(^_^;)
次にお会いするのはレース会場か、どこかのオフ会か分かりませんが、よろしくお願いします。お互い頑張ってレースを自転車を楽しみましょう!
【2006/04/25 23:27】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

おめでとうございます
入賞おめでとうございます
スゲェ!×100

ボクもレース近いんですがorz。
【2006/04/27 18:57】 URL | UC #1JS2.352 [ 編集]


UCくん
ありがと!へたれながら頑張ったよ。
UCくんはMTBのレースだよね。報告楽しみにしてるよー。
【2006/04/28 18:08】 URL | ショーゴ #- [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://polepolechari.blog27.fc2.com/tb.php/96-84dcfbca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

復活願うも・・・~JCRC第2戦群馬CSC

青空を目指して!お待たせしました。やっと一段落しましたよというわけでJCRC第2戦群馬CSCに参加してきました。いやぁ、困った困った Vorrei andare all'altro lato del cielo blu! 青空を探しに!【2006/04/24 05:39】
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。